独自開発のセラミックヒーター。防爆対応。遠赤外線乾燥機

製品テストを詳しく見る

自社開発のSLセラミックで乾燥とアニール処理をスピードアップ

当社の遠赤外線乾燥機は独自開発したSLセラミックヒーターを使用しています。コンベア型の汎用型乾燥炉、遠赤外線ヒーター+熱風併用のハイブリッド型遠赤外線乾燥機、防爆対応の遠赤外線乾燥機、クリーンルーム用遠赤外線乾燥機等の製品ラインナップをご用意し、お客様のご要望に沿って設計・製造するカスタムメイド製品です。温度分布は±1℃以内です。
その他従来型の温風式乾燥機の製造も行なっています。

Dry and Anneal Faster

Our lineup of high performance infrared ovens are custom built with proprietary ceramic elements developed by Negishi MFG specifically for converting applications. This unique cast metal body design with a thin ceramic coat delivers:
•Efficient generation of infrared from electrical heating
•High temperature uniformity - a tolerance of up to ±1℃ across the web width can be achieved
•The potential to increase line speed and improve product quality
•Solutions for clean room and hazardous area processes
We also manufacture conventional hot air ovens.

SLセラミック Negishi SL Ceramic

SLセラミックは配合に特徴があり、低温で遠赤外線が効率よく出力し500℃では3μmと6μmの2波長を持っていることに特徴があります。

当社独自SLセラミックの分光放射出力特性 Negishi SL Ceramic IR Spectrum Characteristics

遠赤外線乾燥機の原理とメリット Principle and Merits of Far Infrared Ray(IR) Ovens

1遠赤外線乾燥の原理Principle of IR 0ven

遠赤外線とは、セラミックから出力される安全な熱エネルギー電磁波です。 乾燥したい物質(インキ、粘着剤、溶媒等)により同調する波長が異なりますが、ほとんどの物質が2〜10μmの吸収スペクトルを持っているため、セラミックを加熱することで同調波長の電磁波が出力され同調電磁波により分子運動を起こし分子の結合が外れ乾燥します。 また、樹脂・紙・水・溶剤のスペクトル波長は遠赤外線と共振するため、乾燥時間が熱風式と比較しても早くなります。

遠赤外線乾燥の原理 Principle of Far Infrared Ray 0ven

1遠赤外線乾燥機のメリットMerits of IR Ovens

優れた熱の浸透性を利用した高い乾燥効率とクリーン乾燥
遠赤外線は浸透が良く、物を内部より加熱して乾燥するのに適しています。
電磁波による分子運動での内部発熱効果により物質の内部から加熱され硬化が始まり表面へと加熱が進むので、表面と内部の膨張差に起因するパンク破裂等の問題は起きにくく、ラミネートやエンボス加工前の加熱にも適しています。また、シートへの高いアニール効果が得られます。
メリット
1. 高い乾燥効率
•遠赤外線効果により内部から乾燥させる為、乾燥時間が従来の熱風装置やスチーム装置と比べ短縮可能です。
•製品表面温度を上げずに低温乾燥が可能です。
•水溶性インクの乾燥ではラインスピード160m/min以上が可能になります。
2.クリーン乾燥
•遠赤外線乾燥機は空気を動かす熱風乾燥機とは違い浮遊粉塵の影響を受けにくいクリーンな乾燥が可能で、クリーンルームでもご利用いただけます。
3.風を使用しないので、シート表面の風紋が発生しません。
4.温度設定が各ゾーン別に分割して設定が可能です。温度分布±1℃以内です。
5.安価なランニングコストと省スペース
•従来の遠赤外線ヒーターの約半分の電力で乾燥可能となり、乾燥時間の大幅短縮、炉長の短縮が可能で、省エネにつながります。
•熱媒油加熱熱風等と比べ、ランニングコストが安価になります。
•既存の乾燥設備に比べ、1/4以下のスペースで設置可能です。
[遠赤外線と熱風の乾燥効率比較] 遠赤外線と熱風の乾燥効率比較

遠赤外線乾燥機 Far Infrared Ray (IR) Ovens

1ハイブリッド型遠赤外線乾燥機Hybrid Ecology IR Ovens

遠赤外線と熱風を使用したハイブリッド型乾燥機です。
遠赤外線ヒーターの余熱で外気を加熱しフレッシュな熱風を供給するシステムのため、電力は遠赤外線ヒーターのみで効率の良い省エネ型乾燥機です。
•遠赤外線ヒーター+熱風併用(ハイブリッド)
•乾燥速度は熱風単体と比較し2~8倍UP

Highly Efficient Hybrid Design The hot air system mixes fresh air supply with air heated by the IR heaters without requiring its own independent heat source. As a result the hybrid mode delivers hot air and IR heat at almost the same power consumption level as IR alone.
•2 to 8 times faster drying than hot air alone
•More efficient use of energy and space

ハイブリッド型遠赤外線乾燥機 Hybrid IR Oven
ハイブリッド型遠赤外線乾燥機
仕様 Specifications: 〉
製品幅 Web Width 300 mm
炉長 Oven Length 2000 mm
ヒーター温度 Heater Temperature 80~450℃
熱風温度 Hot Air Temperature 120℃ MAX 10m/sec
制御 Control PID制御 PID Control
ヒーター容量 Heater Power 3.5 kw
環境 Enviroment クリーンルーム対応 Clean Room Compatible

川越ものづくりブランド

2従来型遠赤外線乾燥機Standard IR Ovens

SLセラミックヒーターを使用した遠赤外線乾燥機。
•幅方向温度分布誤差±1℃
•650℃まで温度設定が可能

Our lineup of high performance infrared ovens are custom built with proprietary ceramic elements developed by Negishi MFG specifically for converting applications. This unique cast metal body design with a thin ceramic coat delivers:
•Efficient generation of infrared from electrical heating
•High temperature uniformity - a tolerance of up to ±1℃ across the web width can be achieved
•The potential to increase line speed and improve product quality
•Solutions for clean room and hazardous area processes

従来型遠赤外線乾燥機
仕様 Specifications: 〉
製品幅 Web Width 3200 mm
炉長 Oven Length 18000 mm
ライン速度 Line Speed 60m/min
構造 Structure 片ヒンジ構造 上面加熱12ch
使用溶剤 Solvent Used 水系 固形分ウレタン系 Aqueous solvent, Solid urethane type solvent

*塗工液により変わります

*It depends on solvent used.

防爆対応遠赤外線乾燥機 Explosion Proof IR Ray Oven
防爆対応遠赤外線乾燥機
仕様 Specifications: 〉
製品幅 Web Width 1500 mm
炉長 Oven Length 2600 mm
ヒーター温度 Heater Temperature 100~360℃
熱風温度 Hot Air Temperature 60~150℃ 10m/sec
制御 Control SCR・PID制御 SCR・PID Control
ヒーター容量 Heater Power 81 kw
環境 Enviroment 防爆対応 Explosion Proof

加熱装置 Heating Devices

1アニール兼用装置Combined Drying and Annealing Ovens

炉内温度は境目なくゾーン温度設定が可能のため、従来に比べてより高品質で幅広い製品が製作可能になりました。
乾燥と同時にアニール効果も得ることが可能です。弊社独自方式の遠赤外線乾燥は容易にクリーン環境をUP させることができます。

The temperature profile can be easily managed by setting temperature zones which enables the product to be manufactured with greater quality and consistency and in a wider range of dimensions than was previously possible. The product can be annealed at the same time as drying.
Compliance with higher clean room classes can also be achieved more simply than with a hot air oven.

高温式 High Temperature Type
高温式
仕様 Specifications: 〉
製品幅 Web Width 1200 mm
炉長 Oven Length 2000 mm
ヒーター温度 Heater Temperature 76 kw
熱風温度 Hot Air Temperature 400℃ MAX 10m/sec
制御 Control SCR・PID制御 SCR・PID Control
ヒーター容量 Heater Power 76 kw
環境 Enviroment クラス1000対応 Class 1000 Compatible

川越ものづくりブランド

遠赤外線利用のアニール処理とは Annealing with IR
遠赤外線加熱でプラスチックフイルムのアニーリング処理を行うと熱風等に比べ短時間で製品のひずみを取り除くことができます。これはフイルムがIRスペクトルを有することによります。
遠赤外線から出力された電磁波(1~15μm)がフイルムの持っているIRスペクトル波長と共振し分子運動を起こします。ヒーター加熱及び遠赤外線の分子運動による効果で軟化点まで早く到達するため短時間でのアニーリング処理が可能となります。
アニール処理による製品の結晶化は製品の安定化を増進させ、後加工(印刷、コーティング、スリット)における歩留まりを改善します。
当社試験室には、炉長2.5m遠赤外線アニール機及びロール式遠赤外線アニール機を設置していますので商品開発テストにご利用下さい。
By using far infrared heating to carry out annealing (or ageing) processes on films, it is possible to reduce internal stresses in a shorter time than when using hot air. Since the peak electromagnetic energy absorption bands of plastic films commonly lie in the same 1~15μm range as far infrared, rapid molecular movement is generated when they are heated by this method. As a result the glass transition point is reached quickly and with high uniformity (±1℃ across the product surface).
The annealing process improves the physical stability of the product by crystallization, reducing deformation at later heating, cutting and slitting stages. This traditionally time consuming process can now be achieved in-line with IR. This can reduce creasing and improve coating stability to improve yield in a fast moving roll to roll process. A 2.5m flat annealing oven and IR roll sheet straightening machine are available for testing and development at our test facility.
[テスト機 Test Prototype]
ロール型遠赤外線フィルムアニール機 Roll to Roll IR Film Straightening Machine ロール型遠赤外線フィルムアニール機
Roll to Roll IR Film Straightening Machine
遠赤外線アニール乾燥機 IR Annealing Oven
遠赤外線アニール乾燥機
IR Annealing Oven
川越ものづくりブランド

2硬化機兼用乾燥機Duals-purpose Curing and Drying

SLセラミックの「低温で遠赤外線が効率よく出力する」特長を活かし、シリコン系樹脂、熱硬化系樹脂の硬化に最適な乾燥装置の開発・設計・製造を行なっています。

縦型両面遠赤外線乾燥機 Vertical IR Dryer for Both Sides Drying
縦型両面遠赤外線乾燥機
仕様 Specifications: 〉
製品幅 Web Width 300 mm
炉長 Oven Length 2000 mm
ヒーター温度 Heater Temperature 350℃
熱風温度 Hot Air Temperature 150℃ MAX 10m/sec
制御 Control PID制御 PID Control
ヒーター容量 Heater Power 6 kw
環境 Enviroment 防塵 Dust Proof

川越ものづくりブランド

防爆対応装置 Explosion Proof Equipments

1防爆検定についてAbout explosion proof test

有機溶剤ガス等が発生している環境内で電気ヒーターを使用した乾燥機を使用するには「公益社団法人 産業安全技術協会http://www.tiis.or.jp)」の防爆検定に合格する必要があります。
検定は防爆構造ヒーター、エンクロージャー、制御盤の構成で行います。
検定に合格すると労検番号が取得できますのでこれにより各消防署の認可を得ることができます。
防爆遠赤外線乾燥機のお見積りは生産内容<使用溶剤、乾燥データ等>をお知らせ頂ければ可能です。
乾燥データがない場合は弊社乾燥機(三芳工場設置)にて乾燥データを取ることによりお見積りが可能です。

Electric heating equipment can be used in atmospheres where explosive gas may be present which is often required in the converting industry due to the use of solvents.
To do so, official certification must be obtained from local authorities for use in a particular hazardous area classification.
This includes inspection of not just the heaters but also the entire installation including all panels and auxilliary equipment.
The quotation and specifications for a hazardous area IR oven will depend on the type of solvent being used and parameters of the heating process such as maximum heater temperature and oven pressure.
We can provide assistance in establishing such parameters at our test facility if required.

各種防爆構造ヒーター
各種防爆構造ヒーター 1 各種防爆構造ヒーター 2 各種防爆構造ヒーター 3

2使用環境Enviroments

通常環境、防爆環境の他クリーンルーム環境でもご使用いただけます。

クリーンルーム対応遠赤外線乾燥機 Clean Room Solutions
•クラス1000まで対応可能
•風を使用しない為、シート表面の風紋が発生しない
•Support for up to class 1000 environments
•Heat without hot air nozzles and large exhausts to reduce disturbances to the product surface
クリーンルーム対応遠赤外線乾燥機
仕様 Specifications: 〉
製品幅 Web Width 400 mm
炉長 Oven Length 1200 mm
ライン速度 Line Speed 20m/min
構造 Structure 片ヒンジ開閉構造 上面加熱3ch 構造
使用溶剤 Solvent Used 水性 Aqueous solvent

*塗工液により変わります

*It depends on solvent used.

3使用溶剤Solvents Used

酢酸エチル/MEK(メチルエチルケトン)/トルエン/水系および固形ポリウレタン樹脂/水性溶剤/他
Ethyl acetate, MEK(Methyl ethyl ketone), Toluene, Water-based polyurethane resin, Solid polyurethane resin, Aqueous solvent and others.

4防爆遠赤外線乾燥機製作実績Explosion Proof IR Oven Production results

防爆遠赤外線乾燥機製作実績
仕様 Specifications: 〉
製品幅 Web Width 400 mm
炉長 Oven Length 400 mm
ライン速度 Line Speed 5m/min
構造 Structure 上面加熱2ch構造乾燥機 LMガイド移動式
使用溶剤 Solvent Used GI
防爆遠赤外線乾燥機製作実績
仕様 Specifications: 〉
製品幅 Web Width 400 mm
ライン速度 Line Speed 1~20m/min
構造 Structure 8ch エンドレスベルトドライブヒーター 上面熱風併用構造
使用溶剤 Solvent Used GI
防爆遠赤外線乾燥機製作実績
仕様 Specifications: 〉
製品幅 Web Width 300 mm
炉長 Oven Length 3000 mm
ライン速度 Line Speed 1~10m/min
構造 Structure 両面加熱6ch フローティング構造
使用溶剤 Solvent Used 酢酸エチル Ethyl acetate
防爆遠赤外線乾燥機製作実績
仕様 Specifications: 〉
製品幅 Web Width 1500 mm
炉長 Oven Length 2600 mm
ライン速度 Line Speed 30m/min Max
構造 Structure 両面加熱 ハイブリッド
使用溶剤 Solvent Used トルエン他 GI MEKToluene and others
防爆遠赤外線乾燥機製作実績
仕様 Specifications: 〉
製品幅 Web Width 1600 mm
炉長 Oven Length 1200 mm
ライン速度 Line Speed 50m/min
構造 Structure 上面加熱2ch 構造
使用溶剤 Solvent Used 酢酸エチル、MEK、トルエン Ethyl acetate, MEK, Toluene
その他 Others 防爆準検定品 Anti-explosion-proof type
防爆遠赤外線乾燥機製作実績
仕様 Specifications: 〉
製品幅 Web Width 800 mm
炉長 Oven Length 800 mm
ライン速度 Line Speed 5m/min MAX
構造 Structure 上面加熱
使用溶剤 Solvent Used MEK他 GI MEK and others
川越市内で生産された工業製品・技術を、川越市と川越商工会議所が連名で、優位性や潜在能力の高さを市内外へ情報発信し、その販路の開拓・拡大を支援し、川越市内の製造業の競争力向上に生かすため、川越ものづくりブランド「KOEDO E-PRO」として認定する制度です。
公式サイトを見る Click here
製品カタログをダウンロードする